カレーと健康 塩編1

塩は身体に悪い!取りすぎは良くないと言われます。もちろん摂りすぎは良くないのはそうですが、それはどの食材も同じですよね。実は皆さんが思っている以上に塩は人間の体に不足しているのです。

塩には人間が生きていくうえで欠かせない成分が多く含まれており、生命維持に欠かせない存在。塩がなければ生命が存在しない、というくらい重要なものです。塩に含まれるミネラルであるナトリウムとカリウムは、心臓を動かすという重要な役目を持っています。ナトリウムには全身を巡って汚れた血液をキレイにする役割が。塩は人体に必要なミネラル成分の塊であり、不足することはあっても、”いい塩”であれば摂りすぎるということはありません。

食塩の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

ではまず、私たちに最も身近な”悪い塩”を見ていきましょう。日本人のよく知る食卓塩は工業的に精製された塩化ナトリウムのことで自然塩とはまったくの別物。日本で使われている食卓塩の成分は99%以上が塩化ナトリウムで構成され、海塩や岩塩に含まれているマグネシウムやカルシウムなどのミネラルは含まれていません。日常的に使っているのが自然塩ではなく、精製された食卓塩の場合、体のミネラルバランスに影響を及し、さまざまな健康上の問題を引き起こす可能性もあります。これがほとんどの人の塩のイメージではないでしょうか。

実は自然塩である海塩や岩塩は良質なミネラルがとれる優れものです。
海塩は海水から作られますが、海水には体に必要なすべてのミネラルがバランスよく含まれています。岩塩は地形の変化により海水が岩の中に閉じ込められて吸収されたもの。海塩よりマグネシウムの濃度が低いですが、岩塩を日常的に使っているヨーロッパの人たちは、硬水を飲むことでマグネシウムを補うことができます。日本の水はマグネシウム濃度の低い軟水なので、ミネラルバランスを保つには海塩が理想的。また、女性の悩みとしてよく挙げられる頭痛、疲れ、便秘、立ちくらみなどの症状はマグネシウム不足に関係が。まずは塩をマグネシウム濃度の高いものに変えてみるとよいでしょう。

自然塩には「海塩」と「岩塩」がありますが、海塩や岩塩には体に必要なミネラルがバランスよく含まれています。一方、ほとんどの人が“塩”だと思っている「食卓塩」とはまずは、塩の違いを理解して上質で栄養価の高い自然塩を選ぶという意識を持ちましょう。

ちなみにクラフトカレーブラザーズはフランス産ロレーヌ岩塩を使っています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。