カレーと健康 砂糖編1

砂糖は原材料や製造法によって複数種類存在します。ですので、砂糖が体に良いか悪いかを議論するにはそれらの砂糖の特徴を知り、判断する必要があります。砂糖には大きく分けて、上白糖、グラニュー糖、きび砂糖、黒砂糖などの種類があります。これらの違いは原材料や製造法によるものですが、用途はもちろん成分の違いを知っておくと便利です。

砂糖の原材料をご存知ですか?日本で作られる砂糖は2種類の植物から作られます。
一つはサトウキビ。名前に砂糖が入っているので、すぐ頭に浮かんだのではないでしょうか。サトウキビは主に沖縄や鹿児島といった温暖な地域で育ちます。
一方もう一つの植物とはてん菜です。こちらはサトウキビとは真逆の地域で栽培され、北海道で育てられることがほとんどです。
二つ合わせても国内の砂糖の自給率は約35%で、輸入に大きく頼っています。

さとうきび畑の商用利用可フリー写真素材1937 | フォトック
説明できる?砂糖と甜菜糖(てんさいとう)の違い、知ってますか? | ヨガジェネレーション yogageneration

白い砂糖と黒い(茶色の)砂糖

砂糖といえば白色。健康意識が高い人がたまに茶色の砂糖使ってんなー。くらいの認識の方も多いでしょう。私も元々そうでした。
なぜなら日本の家庭でよく使われているのは上白糖、白砂糖です。
原材料名には「原料糖」と書かれており、原料糖とはてん菜やさとうきびから糖分を取り出して結晶化させたものです。上白糖がなぜ白いのかというと無色透明の結晶が光を反射させて白く見えているのだそうです。

もうひとつの白い砂糖といえばグラニュー糖です。お菓子作りに使う砂糖という認識が多いかもしれませんが、世界的に見ると上白糖よりもグラニュー糖のほうが一般的です。何よりサラサラとして扱いやすいという点がグラニュー糖の魅力といえるのではないでしょうか。

上白糖とグラニュー糖の違いはなんでしょうか。まず栄養価からみてみましょう。
100gあたりのエネルギー量を比べると、上白糖は384kcal、グラニュー糖は387kcalとなっています。構成している栄養成分はどちらもほぼ糖質ですが、上白糖には0.7%の水分が含まれており、グラニュー糖は水分が0です。
しっとりした上白糖とサラサラしたグラニュー糖、これらは料理によって使い分けるのが良いのではないでしょうか。

それでは反対に茶色の砂糖を見ていきましょう。
黒糖、きび砂糖、てん菜糖が代表的です。なぜ茶色なのかというと白砂糖のように精製する作業が行われいていないためです。精製してしまうとミネラル成分が削られてしまうことがわかっています。

きび砂糖の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

ミネラルとはカリウムやマグネシウム、リン、鉄などの栄養素の相性です。ミネラルは体のさまざまな機能に関与する成分で、例えばカリウムは体内のナトリウムの排出を手伝ったり、鉄は血液の成分であるヘモグロビンを作る栄養素になります。ミネラルは野菜や海藻類に多く含まれていますが、塩や砂糖を取ることで足りていないミネラルを補うことができます。

上白糖やグラニュー糖のような白い砂糖は精製する過程でこのような栄養素が取り除かれてしまうので、ミネラル分が残されている茶色い砂糖は「体に良い」といわれます。
ここで勘違いしてはいけないのは、茶色の砂糖はカロリーが高くないといったことです。カロリーに大きな差はありませんし、決して茶色い砂糖を食べれば健康になれる、痩せられるというものではありません。どちらに砂糖にしろ摂りすぎは良くありません。

また、三温糖や中双糖(ザラメ)は茶色をしてはいますが、ミネラルの多い砂糖とはまた別のものです。上白糖の糖液を煮詰めてカラメル化させたものなのでミネラルはそう多くは含まれていません。混同しないように注意しましょう。

おまけ。クラフトカレーブラザーズは茶色の砂糖、きび砂糖を使っております。カレーの味とは非常に相性が良いからです。しかし、クラフトカレーブラザーズの甘味のほとんどは玉ねぎから出る甘味です。

ちなみにクラフトカレーブラザーズはキビ砂糖を使っています!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。