クラフトカレーの由来

はじめに、なぜ私たちが “クラフトカレー” と名付けたのか?
それは、製造方法、それにかける時間が今までのカレーとは比にならないほど手間がかかっているからです。

その結果、「カレーは安い」この概念を覆すことになるカレーになってしまいました。

だからこそ、お客様に食べていただく意味も、
調理の仕方も、食べ方もすべてが今までと異なるため、”クラフトカレー” と名付けることで今まで皆さんが食べていたカレーとは全く別物であることを表現したかったのです。

私たちの想いは、この一線を画した “クラフトカレー” を皆さんに食べてほしい。そして夢中にさせたい。
この一心で完成したのが”クラフトカレー” です。

クラフトカレーの美味しさには理由があります。
まず、生産時間は市販のカレールーの約5倍の生産コストと時間がかかっております。(当社調べ)
何に時間を要しているかというと、あめ色玉ねぎを作る工程です。100kgの玉ねぎを10kgになるまで炒めることで、クラフトカレーの味の肝となるあめ色玉ねぎが完成します。

さらに、フードペアリング理論を応用した、原材料同士の相性です。玉ねぎと相性の良い赤ワインを入れることで、味に深みを出しています。
そして生原料(野菜、果物)が半分以上入っていることで、自然な味わいをお楽しみいただけます。

これだけ味を突き詰めて、新しいカレーの開発を研究を続けてきました。

今できる最高を突き詰めた”クラフトカレー” をぜひ、みなさん食べてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。