クラフトカレー社長起業航海日誌#022 2021/9/29

最近、お笑い芸人の方に共感することが多いです。売れるか売れないかわからない中、安月給で自分(商品)を信じて行動し続けるこの姿が今の自分と重なります。
とにかく目立つため、売れるために、格好を個性的にしてみたり、芸風を変えてみたり、コントをしてみたり、漫才をしてみたりと様々なトライアンドエラーを繰り返し、30代から40代でやっと花を咲かす方が多いですよね。そんな苦労に溢れた人達が、そんな姿を一切見せずに人を笑わせる。心が動きますよね。
僕自身、「クラフトカレーブラザーズ」という今までと毛色の違う商品を「クラフトカレー」という市場作りから挑戦している立場(だと自負しております)です。そこに挑戦する人間はどんなキャラでいなければいけないのか、いるべきなのか、どんな人間なら興味を持っていただけるのかも常に考えています。
そんな時、最も参考になるのが芸人さんなんです。

P.S. 生まれ変わったらコント師になりたいです

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。